買取ボブの2つの利用方法、早いのはどっち?

買取ボブの利用方法は2つ。

 

電話申込みWeb申込みがあります。

 

これから利用する人ならどの方法で申し込めばいいのか迷ってしまいませんか?

 

急いでいる人なら「どっちが早いのか?」というように、申込み方法で取引結果が変わってしまうのか心配することでしょう。

 

Web申込みは記入するのが面倒で、電話申込みのほうが簡単と感じた人は要注意です。

 

その理由は2つあります。

 

本人確認書類と電子ギフト券の送付です。

 

実は電子ギフト券の買取は最終的にこの2点を送付する必要がありますから手間をなるべくかけずに利用する場合は、最初からWeb申込みで必要書類をまとめて送ることがコツとなってきます。

 

 

買取代金を振り込む口座情報も伝えなきゃだもんね、Web申込みのほうが間違いがないし確実ね!


 

そのとおりじゃ。買取ボブのWeb申込みは完成されているから必要事項を送れば後は入金を待つだけなんじゃよ。


買取ボブのWeb申込方法と手順

買取ボブの申込みはWeb申込みの方がスムーズに行えることがわかりました。

 

実際の申込み手順はどのようになっているのでしょうか?

 

  1. 券種を選ぶ

    買取ボブの対応ギフト券タイプ

    買取ボブの取扱ギフト券は6種類です。

     

    これから買取申込みをする券種を選ぶところから開始です。

     

    ※iTunesカードとGoogle Playギフトは特定の額面の場合特別買取レートで買取率UP

  2. 必要事項を入力

    買取ボブの申込みフォーム

    合計買取額面を入力すると買取代金が表示されるので親切仕様ですね。
    ギフト券が手元にない場合でも申込み後に手に入るのであれば「今は無い」で申込みが可能です。

    買取ボブの申込みフォーム2

    銀行口座は24時間対応のネットバンクがあればそれを優先、その他に関してはモアタイムシステム対応の口座であればネットバンク同様24時間対応で振込が可能です。
    クーポンコードに関しては2回目以降の利用者向けの内容です。取得方法はメルマガもしくはTwitterなど。

  3. 申込み完了メール受信

    申込み完了メール

    申込みフォームを送信すると記入したアドレスへ申込み完了メールが送られてきます。

  4. 入金完了

    入金完了メール

    申込み完了後、手続きが終わり次第振込となります。

 

 

あらためて見るとこれだけ記入しないといけないのね、電話のほうが本当はラクじゃないの?


 

そうじゃな、試しにしてみると良いぞ。Webから申込みしてくださいと言われるからの。サイト側もギフト券番号を口頭で伝えられるのも大変じゃからの。


買取ボブを一番早く利用する申込み方法はWeb申込み

買取ボブを利用するときは必ず身分証やギフト券番号、口座番号情報を正確に伝えなければなりません。

 

そのためユーザーと買取ボブの双方にとって最も合理的な方法は申込みフォームに必要事項をもれなく記入することなのです。

 

ギフト番号は一文字でも誤りがあれな買取はできず手続きをやり直さなければいけなくなります。

 

それを考えればやはり申込みフォーム通り記入して振込を待つのが最短方法となるのです。

 

申込み方法で取引結果が変わってしまう可能性があるとすれば手続きに掛かる時間ですからお急ぎの方はWeb申込みが良いでしょう。

 

買取ボブの2回目以降の買取率に納得いかない時は

amazonギフト券買取業者でも買取ボブは安定したクオリティで買取サービスを提供していることは間違いありません。

実際に買取率がとても高いので毎月多くのユーザーが利用しています。

しかし、2回目以降の買取率は初回に比べて大きく下回ることがあります。

そんなときは他のamazonギフト券買取業者に目を向けてみるのも良いでしょう。

買取ボブ以外の業者でも初回の買取率を優遇しているところもあるので順番に利用し続ければ常に高い買取率で換金することができるのです。

amazonギフト券買取のおすすめ優良店25社を徹底比較!【超まとめ】

専門家が解説するamazonギフト券買取のおすすめ優良店25社を徹底比較!【超まとめ】では厳選された高価買取業者の買取率が一覧で見ることができて便利なのでとても参考になります。

業者の詳細情報も充実しているのでもし買取ボブが2回目以降の利用であれば他社の初回買取率も狙ってみましょう。